HOME

自然といきもののつながりを学ぶ

ぼくはこれまで、希少種の調査や保護など、生きものの命を守る仕事をする一方で、
たくさんの生きものの命をうばってきました。外来生物の駆除です。救われる命と断ち切られる命。
はたしてぼくたち人間にそんなことを決める権利があるのでしょうか。
これ以上こんなことが起こらないように、
生きものどうしのつながりや外来生物問題のほか、
人間と野生動物のあいだに起きているたくさんの問題…。
そんな現実を伝えていくことが、
いきものいんくの仕事です。

NPO法人いきものいんく代表加藤 康大

カナダ・アルバータ州、ヤムナスカ山岳学校の山岳ガイド養成コース終了。帰国後、大雪山にて山岳パトロール隊に所属。その後、自然保護官補佐として環境省洞爺湖自然保護官事務所にて、支笏洞爺国立公園の管理業務に携わる。外来生物の防除や希少種の保護など野生生物業務の他、山岳地域のパトロール、地域児童の環境教育に従事。環境省を退職し、2012年1月、「いきものいんく」設立。同年8月、NPO法人格取得。主に西胆振の小中学校にて環境教育を展開。

NPO法人いきものいんく代表 加藤 康大

いきものいんくフェイスブック
いきものいんくの活動を支えたい方はコチラ